スペシャリスト

conflict solving

税理士報酬には、規定はありません。

税理士は税金問題の専門家として、税法の取り扱いに関する税務相談業務、税務署等へ提出する各種の申告書・申請書・届出書等の税務関係書類の作成業務、税務署等の行う税務調査に対して依頼人に代わって陳述・主張する税務代理行為などを行います。 税務相談業務、税務関係書類の作成業務、税務代理行為などについては、有償・無償にかかわらず税理士資格を持った者以外が行うことは法律で禁止されています。 税務相談業務、税務関係書類の作成業務、税務代理行為などの業務を税理士へ依頼した場合には、報酬を支払うことになります。 この税理士報酬については、平成14年3月までは税理士会連合会が定めた報酬料金の規定がありましたが、現在はこの報酬規定は廃止されています。

報酬料金は、廃止された報酬規定に基づき請求されている場合が多いようです。

報酬料金の規定は廃止されましたが、多くの税理士は以前の報酬料金の規定に基づいて業務の報酬を請求しています。 報酬料金は月額で請求される場合が多く、また、決算月には申告書の作成代金として別途数か月分が請求される場合があります。 報酬料金は、個人事業者の場合には所得金額や総収入金額のどに応じて計算されます。また、法人の場合には所得金額や総収入金額や資本金に応じて計算されるのが一般的です。 相続税の申告や相談については、遺産総額に応じて計算されるのが一般的です。 申告書の作成や税務相談以外にも、記帳代行業務や経営分析などを附帯業務を行うっ税理士事務所もあります。 税理士会では定期的に無料税務相談を実施していますので、最初にこの無料相談会を利用することも効果的です。