税金のプロ

fair judgement

税理士がいなければ経済は大混乱

私たちの身近には、税金と名のつくものはたくさんあります。消費税をはじめ所得税、事業税に固定資産税と溢れています。 しかし身近で大事な税金なのに、それを理解している方はどれぐらいいるでしょうか。そんな税金のプロフェッショナルとして税理士は存在します。税理士の主な取り組みは、依頼者の税務相談、企業や個人事業主、法人からの依頼に基づき、所得税、事業税または法人税の確定申告書類の作成などがあります。申告は間違いが許されませんので、確実なアドバイスが要求されます。 また、会計帳簿の記帳、決算書類の作成なども税理士の大事な仕事です。税理士がいなければ経済は大混乱になりますので、サービスを受ける際には税務署へ足を運びましょう。

税務署に足を運ぶことでサービスが受けれます

税理士になるためには、国家資格が必要です。司法書士、行政書士とならび税理士資格は超難関の狭き門だといわれています。また、試験を受けるには、日商簿記の資格が必要で、税務会計の仕事をしながら合格を目指すのが一般的です。 そんな狭き門の税理士だからこそ、頼りになる存在です。現在は不景気でなかなか就職が決まらないので、独立開業される方が多いです。その場合は個人事業主になりますので、必ず確定申告しなければなりません。駆け出しの方なら確定申告書類をみてもさっぱりだと思います。そんな場合は、税務署へ足を運ぶことで、税理士のサービスを受けることができます。本当に一から親切丁寧に作成から提出の仕方まで教えてもらうことができます。 このように税理士は頼れる暮らしのパートナーなのです。